Header image  
豊かな環境の保全・再生・創出  
line decor
  HOME  ::  
line decor
   
 

テラボード1B/1BW

small product photo
small product photo
※左写真:ⅠBタイプ 右写真:ⅠBWタイプです。
テラボードⅠB/ⅠBWは、シンプルで経済的な大型覆土/客土用ブロックです。
特 長
・主な用途は、河川・湖沼などの護岸工です。
・法面を保護し、覆土・客土の流出・移動を抑えるブロックです。
・ボックス内に大量の客土を抱えられるので、安定して植生の繁茂が期待できます。
・1個1.0㎡(ⅠBWは2㎡)の大型ブロックなので、施工性が良好です。
・相互連結はリングでつなぎ目地コンクリート充填を充填するので強固な護岸になります。
・突起型覆土対応のⅠAタイプ、連接対応のⅡAタイプもあります。
規格諸元
規格
型式
形状寸法
参考質量
(kg)
使用数量
(個/m2)
参考客土/覆土量
(m3/m2)
単体図CADデータ
a
b
全高
板部高
枠部高
1B360/H250型
標準
997
997
250
120
130
362
1
0.075
端部
498
997
250
120
130
201
2
-
1B360/H300型
標準
997
997
300
100
200
362
1
0.118
端部
498
997
300
100
200
212
2
-
1BW300型
標準
1994
997
230
105
125
625
0.5
0.087/0.387(300mm)
1BW350型
標準
1994
997
250
125
125
714
0.5
0.087/0.387(300mm)
※a、b寸法はブロック面で計測し、全高はブロック最大寸法を表します。
※参考客土/覆土量の右記載の()は覆土の厚みを表します。
 
基本情報
項 目 内 容
工 法 法覆工(ボックス型)
構成材料 ブロック、連結金具、目地モルタルまたはコンクリート、吸出防止材
環境特性 法面植生
水際植生
水生生物
横断方向の連続性
景観への配慮
適用条件 勾配 1:1.5~
流速(m/s) ~8.0※護岸勾配・設計水深などの諸条件によって異なります。
法長(m) 10.0以下
参考図書 建設省河川砂防技術基準(案)同解説
護岸の力学設計法
美しい山河を守る災害復旧基本方針
当社技術資料
工業所有権・登録など 水理特性値(1BW350型、1BW300型)
形状図
単体図(1B標準型) 断面図(1B)
 
 
 
 
 
| About Us |  このサイトについて | お問い合わせ | ©2014 plform-sunbless.co.,ltd. All rights reserved.